とにかく書く勉強方法

“ここ数年、勉強らしい勉強をしていないのだけれど、僕が学生の頃によくやっていた勉強方法のご紹介。
これは英語と国語(漢字)に抜群の効果を発揮した方法。
タイトルのように「とにかく書く」勉強方法だ。その名の通り、いらない紙の裏やノートに英単語、英文、漢字を書きまくる。そして、書きながらぶつぶつと呟くのだ。それらが複合的な効果を生み出す。「手」で動きを覚え、「口」で発音を覚え、それを聞く「耳」で覚えるのだ。一石三鳥かつ超お手軽なのです。
しかしこの勉強方法は図書館やファミレスといった人がいるところではできない。そして、家でやるしかないのだけれど、一人でずっとブツブツ言っている状態が続くので家族に少し不気味に思われてしまう可能性もある。
ちょっとしたマイナスポイントもあるけれど、おススメです。”

このページの先頭へ