大賛成です

“英語を社内での公用語化するのは大賛成です。英語は必需品であり、働く誰もが話せなければならない言語であると思います。楽天などがその代表例ですが、海外で取り引きすることのある会社は特に英語には力を入れなければならないと思います。

英語は日本人にとって難しく、容易ではありません。学校教育で長い期間学んでいるにも関わらず、ほとんどの人は英語を話すことができません。英語が話せれば、どこにいっても誰とでもだいたい会話ができるようになるのです。

こういう社内の英語公用語化するという環境に身を置かない限り、甘えてしまうので、この方針には大賛成です。きっとその貴社は伸びていくと思います。英語に慣れていくとそれほど苦ではなくなってきます。

英語が話せたら、世界が変わっていきます。自分の見方も広くなります。ビジネスで最前列で働く人たちは、英語がしゃべれないと思うように動くことができません。通訳に頼るのではなく、堂々と自分で言いたいことを外国人に話せるのはかっこいいことです。”

このページの先頭へ