ソフトウェア会社の上司は資格の進め方で質がわかる

“資格というと、仕事に直結するものから趣味レベルのものまでいろいろあります。

そして会社でも仕事に役に立つ資格の推奨が行われることも結構あります。
ただ、ソフトウェア会社に関しては、この資格に関しての推奨の仕方、特に上司の仕方を見ると
その上司の質がわかるのです。

それはどういうことかというと、資格というのは会社の仕事が円滑に行うためでもあるのと同時に、
ソフトウェア会社にとっては、それが一種のステータスになっている場合があるのです。

そういう場合、変な質の上司の場合は、やみくもに部下に対して資格を取れ!取れ!と
言うことがあるのです。
部下に資格を取らせれば、その上司の成績になってくるからです。
当然、そのような場合は、部下もそれがわかるため資格へのモチベーションが落ちてくるため、
結果的に資格を取る率が落ちてしまいます。

しかしいい上司の場合には、きちんと部下にとって必要な資格を推奨するので
モチベーションも下がりません。

結果はあまり変わらないかもしれませんが、上司の質がわかるのが、ソフトウェア会社の
資格取得なのです。

このページの先頭へ