塾での思い出

“ 私の塾に対する思い出は、勉強についてのことよりも、一緒に勉強をした友達や講師の方々のことの方が強く残っていると感じています。地元の自転車で通える距離にある塾に通っていたので、一緒に塾で勉強する人達の多くは学校での友達といったかたちで学校の勉強からの延長線といった感じでした。勉強の延長線というよりも場所を変えてまた友達とくだらない話をするといった方が正しいですね。塾での勉強は学校よりも少し先行した内容というだけだったので、気負って取り組むといったことは私の場合はありませんでした。学校と同じく、良くも悪くも生徒の興味を引く変わった講師の方というのがいらっしゃいまして、そういった講師の方の授業の場合は、話もろくに聞かず、キモいだの何だの聞こえるであろう声で周りの子たちと囁き合ったものでした。殆どが友達関係の話になってしまうのですが、塾で同じになる子との方がより仲良くなれる、信頼し合える間柄になっていきやすいと私は感じました。勉強に関しても、当時はそんなこと思いませんでしたが、行かないよりかは力になっているものだと今にして実感しています。

 大した内容もなく申し訳ない限りですが、お力添えになれば幸いです。”

このページの先頭へ